補聴器@性能・評判と人気商品 > 種類と性能 > 補聴器,デジタル

種類と性能

補聴器,デジタル

補聴器にはアナログ補聴器、デジタル補聴器があります。現在はデジタル補聴器が主流です。アナログとデジタルの違いを説明します。
アナログ補聴器は、音の増幅や音質・音量の調整をアナログ信号のまま行うので、音質の向上や雑音の処理などには限りがあります。
デジタル補聴器は、いろいろな音や声の処理・増幅をすべてデジタル信号で行うことで、音質の向上や雑音の処理の面で優れています。簡単に言えば、アナログは音をそのまま増幅し、デジタルは音を処理して増幅することができるということです。
アナログでは、聞きたい音を大きくしようとすると雑音も一緒に大きくなるということです。デジタルは、音の種類や音量を瞬時に判別して騒音と判断した音を小さく抑え、語音をより鮮明に際だたせることができるということです。
また、価格が高い程、チャンネル数が多くなっているので、雑音を抑えて音声が聞きやすくなります。また、調整も細かくできるので聴こえに対する欲求のある方ほど、高価格の補聴器が必要になります。しかし、どんなに高価格の補聴器でも健聴者と同じようにはならないことは理解しておいてください。

<<補聴器,販売店 | 補聴器@性能・評判と人気商品トップへ | 補聴器,シーメンス>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。