補聴器@性能・評判と人気商品 > 種類と性能 > 補聴器,空気電池

種類と性能

補聴器,空気電池

補聴器には空気電池という特殊な電池を使用します。
この空気電池とは、空気中の酸素を使って発電する電池のことで、シールをはがすことで、電池の空気あなから酸素が取り込まれ機能します。また、空気電池は一度シールを剥がすと放電が始まり、使わなくても消耗していきます。だから使用しない時には最初に貼ってあったシールを貼れば電池の劣化を多少は抑えることができ、長持ちさせることができます。ただし、一般の粘着テープは不具合の原因になることがあるようなので使用はしないでください。
また、冬など低い気温のところでは、空気電池の本来の性能が発揮しにくくなります。冷えた電池は体温などで温めてから使用するのが好ましいです。
また、ストーブなど暖房の効いたところでは、二酸化炭素が多く電池の劣化を促進するので換気を十分行なうといいでしょう。

<<補聴器,ワイデックス | 補聴器@性能・評判と人気商品トップへ | 補聴器,軽度>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。