種類と性能

補聴器,チャンネル数

補聴器のチャンネルとは、低い音の周波数(約200Hz)から高い音の周波数(約6500Hz)までを区切った数のことをいいます。
12チャンネルは12個に区切ってあるということです。つまり12チャンネルだと12の音域を調節出来るので、雑音制御が付いてる補聴器なら12の雑音の音を抑えることが出来ることになります。
つまりチャンネル数が多いと、特定した音に対して調整が出来るようになるので、雑音が減らすことが可能となり静かな補聴器になるということになります。
しかし、チャンネル数が多くなると価格も高くなる傾向にあります。個人的には、10チャンネルくらいまででいいのではないかと思います。個人差があるので購入する際は、いろんな補聴器を聞き比べることが必要です。
ちなみにアナログ補聴器というのは2チャンネルしかありません。またメーカーによってはチャンネルのことをバンドという呼び方をしている場合があります。

評判と人気商品

補聴器,軽度

補聴器は決して安価なものではありません。最近、聞こえが悪くなってきたのでは・・と感じる人は最初安価な補聴器を使ってみるのもいいと思います。
軽度の方なら市販の補聴器でも自宅でテレビを見る時などは、非常に重宝すると思います。市販のものとしては、 オムロンイヤメイトAK-04 聴音補助器「きき耳くん」といったものが人気があるようです。
こういった商品で補聴器をつけた感じを知ることも悪くはないと思います。しかし、これはあくまで軽度の方が対象となっています。

聴音補助器「きき耳くん」骨伝導イヤホンタイプ送料無料=骨伝導補聴器にも匹敵する集音器+骨伝導の最強タッグ【ホホエミネットショップ】聴音補助器「きき耳くん」骨伝導イヤホンタ...
19,600円
骨伝導聴音補助器「きき耳くん」は、加齢による耳の遠い方等には最適で補聴器にも匹敵...

Ads by 電脳卸
聴音補助器「きき耳くん」骨伝導デラックスタイプ送料無料=骨伝導補聴器にも匹敵する集音器+骨伝導の最強タッグ【ホホエミネットショップ】聴音補助器「きき耳くん」骨伝導デラックス...
32,000円
骨伝導聴音補助器「きき耳くん」は、加齢による耳の遠い方等には最適で補聴器にも匹敵...

Ads by 電脳卸

種類と性能

補聴器,空気電池

補聴器には空気電池という特殊な電池を使用します。
この空気電池とは、空気中の酸素を使って発電する電池のことで、シールをはがすことで、電池の空気あなから酸素が取り込まれ機能します。また、空気電池は一度シールを剥がすと放電が始まり、使わなくても消耗していきます。だから使用しない時には最初に貼ってあったシールを貼れば電池の劣化を多少は抑えることができ、長持ちさせることができます。ただし、一般の粘着テープは不具合の原因になることがあるようなので使用はしないでください。
また、冬など低い気温のところでは、空気電池の本来の性能が発揮しにくくなります。冷えた電池は体温などで温めてから使用するのが好ましいです。
また、ストーブなど暖房の効いたところでは、二酸化炭素が多く電池の劣化を促進するので換気を十分行なうといいでしょう。

<<前の3件  1 2 3 4 5  次の3件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。